PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書)
性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
吉永 みち子
X-ジェンダーについても語られている。
ジェンダー (図解雑学)
ジェンダー (図解雑学) (JUGEMレビュー »)
加藤 秀一,海老原 暁子,石田 仁
カウンター
ブログパーツUL5
LINKS
SEARCH
OTHERS

2012/12/17   スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 最強のふたり | HOME |

▼ コメントに飛ぶ ▼

2012/09/12 22:07  blog移転しました

5年半こちらでやってましたが、Blogを移転することにしました。

特に何か変わるわけでもなく、タイトルも変わらず、今まで通りのんびりやっていこうと思います。

宜しければ、引き続きご愛顧ください。


【移転先】

2012/12/17   スポンサーサイト

COMMENT
◆thomas_movementさん
はじめまして。
レスが遅くなってすみません。
新blogでコメントできないとのことですが、ちょっとイジってみます。

コメントありがとうございます。
すごく励みになります。
就活は僕も服装の面で結構苦労しました。
周りにどう思われようが自分のスタイルを貫きましたが、他方で社会人として妥協すること・折り合いをつけることの大切さも学びました。
辛いこともたくさんあると思いますが、thomas_movementさんが納得のいく形になと良いですね。

卒論がんばってください。
陰ながら応援しています。
めぐむ | 2013/01/06 6:44 PM

初めまして、都内の大学4年生です。ブログのジェンダー関連の記事、2006年の分までさかのぼって読ませて頂きましたが、共感する記事があまりにも多く驚きました。
なぜか新しいブログにコメントできなかったのでここに書かせて頂きますね!

飲み会の話、「異性愛で恋人がいること」至上主義の話、服装の話など、まさに私が日頃感じ、苦しんでいることを上手く文章にしてくださっているとと思いました。私は性自認は女だと思いますが、女性的なもの、男性的なものどちらかに偏らず、まず「人間」として人に見てもらいたい、といつも思っています。フリフリの服を着たい日もあれば、中性的な服装をする日もあります。
就職の際のスーツに関しては、ストッキングにヒールと体の線が出る上着、いわゆる「女性用スーツ」を着ることが苦痛なため、仕方なく男性用の小さい革靴にネクタイをして、面接の直前で女性用のものに変える、ということをしています。靴屋の店員に驚かれ批判的な対応をされたり、友人から「スーツのときだけ女性ものが嫌だ、なんてわがままだ」とたしなめられたりしています。
最近クリスマスでしたが、周り全部が異性愛至上主義なのが本当に生きづらいです。一年を通して、飲み会の類には極力出席しないようにしています。私には苦しくて死んでしまいたいほどに大好きな人がいますが、生物学的に女です。でも、そういう価値観はこの世に存在しないかのようです。

とりとめのないメッセージになってしまい申し訳ありません、私の卒論のテーマも制服やスーツのドレスコードとジェンダーに関するものですが、頑張って書き上げ提出を目指したいと思います。
thomas_movement | 2012/12/26 11:02 PM

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック