PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書)
性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
吉永 みち子
X-ジェンダーについても語られている。
ジェンダー (図解雑学)
ジェンダー (図解雑学) (JUGEMレビュー »)
加藤 秀一,海老原 暁子,石田 仁
カウンター
ブログパーツUL5
LINKS
SEARCH
OTHERS

2012/12/17   スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012/05/21 22:25  頼むから放っておいて

職場がナゾ。
意味不明すぎて訳わからん。


ボスに、見立ててあげるからメンズスーツを一緒に買いにいこうと言われた。

しかも高いやつ買えって…そんな金ねーよ。

メンズスーツを買うときは、女の見立てが必要とか意味わかんないよ…。

頼むから放っておいてくれよ…。

自分で好きなようにやるから。

あとは、
いつも決まり文句のように「親御さんが男か女か聞いてきたら、私たちはきっぱり“男です”って答えて、その理由もちゃんと説明する」と言っているが、いざそうなったら、ボスたちは戸惑うことなく“女”と答える。

もういいよ…いいから放っておいてよ。
やる気ないなら最初から言うなよ…。

今日は、外部から来てる非常勤の医師に何故かカムアウトしろと言われ、初対面なのにカムアウトさせられた。

分かったから…オレが悪かったから…もうやめてくれ。

てか、初対面でいきなりカムアウトされる側の身にもなれよ。笑


いろんなことがムチャクチャすぎる。

全然違うことだけど、
ボスたちが発表する論文の原稿をわたされて、「パソコンで打っといて」とかザラにあるし…。

学者・臨床家として考えられない…。

あとは、ここに通ってる子どもの親が鬱病になったから、親がODしないように処方されてる薬をここで管理するとか言い出すし。
とんだ管轄外だよ。
親切とか言ってる同僚おかしい…やっていいこととダメなことがある…。

やりたい放題やりすぎなんだよ。


大丈夫。
やめる準備は順調に整ってる。

2012/05/15 17:51  理解の過信?

職場のボスの ”理解してるよ、受け入れてるよ”っていう姿勢がナゾすぎる。

3月に卒業した養成校に、カム済みでもないのにメンズスーツを着て「”男として働いてます”って挨拶に行け」と言われたり、

「(犬好きなので)スヌーピーが好きと言ったら、「男なのに?・・・ナゾ、変わってるね」と言われたり、

接したこともない社員に1人ずつ、「ぼくはGIDですって説明しに行け」と言われたり。

こんなのは序の口で、「は?・・・ふざけんなよ。バッカじゃねーの?」と思える数々の発言をくれる。

書いてしまうと、思いの丈が止まらなくなるので自制。

正直、入る会社を間違えたと心の底から思う。

確実に何かを間違えてる、この人達。

聴覚障害をもつ子どもやその親の支援をしてるのが、色んな意味でスゴイと思う。

個人的にキライなのが、親に障害認識(受容)を急かすこと。

”障害児をこれからずっと育てて生きていくんだから、落ち込んでる暇なんてないのよ”とボスは言うが、それは何か違う気がする。

親だろうがなんだろうが、そんなに頑張ってたら疲れちゃうよ・・・。
休憩だって、落ち込むことだって大切だよ・・・。

援助者のそういう姿勢って、単なるエゴだと俺は思う。


話が逸れたけど。

最近一番のヒットは、スタッフ数人で外出したとき、「バッグを持つのは男の子の役目なんだから持ちなさい」と言われ、ボスのカバンを持たされたこと…。

カバンくらい自分で持てよ。なにはき違えてんだよ。

”男性役割”を演じるために生きてる訳じゃねーよ。

「男とか女とか、そういうことから自由になってほしい」とか、「私たちは本質を見てる」とか言ってるくせに、その人が持っているハンデばかり見て、その人らしさとか人間性とか、全く見てないじゃねーか。

いい加減にしろよ。ふざけんな。
あんたらの都合のいいように解釈して、都合のいいように利用してるだけじゃん。

女性はエスコートされて当たり前とか、擁護されるのが当然なんて考えてる人なんて、こっちから願い下げだ。

男っていう性自認を持つことと、その人が社会的に男性らしいか否かは、まったく別の話だと思う。

男性として認められることが、”男性役割を演じる”ことだっていうなら、別に認められたいとは思わない。

すごーくポジティブに考えるなら、ここ(職場)はネタの宝庫だということくらいだ。



2012/05/08 14:32  愛想笑いがすごく上手くなった

職場の先生方のジェンダー観(?)についていけない…。

先生たちからしばしば、「男性として見られたいならメンズスーツを着なさい」と言われる。

普段は私服の職場だけど、研修会とかはスーツなので、先生たちからしたら、“男なのに正式な服装(メンズスーツでネクタイ)をしていない”という認識があるみたいで…。


“うちは男性として採用しました”と言ってくれるのは至極嬉しく有りがたいことだけど、そのことと“男性として見られたいならメンズスーツを着なさい”と言うのは、何か違う気がする…。

メンズスーツを堂々と着られるのは嬉しいけど、まるでそうしないと認めないよと言われてるみたいで、少し窮屈に感じてしまう。

贅沢な悩みかもしれないけど…。

正直、先生方の“男なら〜”とか“男として見られたいなら〜”という発言にうんざりしている。

好きにやるから放っといてくれ…。

昔、ftmの知人が「世間が見てるのはその人が持ってる“障害”であって、その人自身じゃない」と言っていたのをふと思い出した。

…頭では分かってるけど。
それを吹っ切れるくらいの勢いが今はない。

かといって、自分の身心を崩してまでいる必要は全くない。

でも結局、どんな形であれ自分を受け入れてくれたトコロでしばらくは頑張るしかないんだと思う。

ちくしょう。



2012/05/03 17:40  勝手に決め付けないで

職場で、星座の話で盛り上がってたとき。

おれは天秤座なんですが、1人の先生に「天秤座だから性別がどっちつかずなんじゃない?笑」と言われ、たぶんこれが社会一般の考えなんだなぁ・・・と切なくなった一昨日でした。

他方で、そういうことを言われても深く落ち込まなくなった自分に「強くなったなぁ」と自賛した。笑

ついでに、聴覚障害というハンデをもった子どもたちを支援する立場の人間が安易にそんなこといってんじゃねーよ、と内心思った。爆

個人的には、身体をいじってなかろうと、パーソナリティが男っぽくなかろうと、外見が男性的でなかろうと、性自認が男性だったらそれでいいじゃん、と思ってるわけです。

でも社会的には、その人の性自認にそった性別記号(外見・パーソナリティなど)を持っていないと、結局”どっちつかずの人”とか”やっぱり女なんじゃん”みたいな認識で通されちゃうんだよね。

自分の性自認ではなくて、いわゆる性他認で自分の在り方を決めつけられちゃうのが、すごくもどかしい。

極端に言えば、治療していないと、男性パーソナリティを演じていないと、男性として認められないのか?みたいな。

自分の在り方と、社会の”GIDイメージ”が全然違うところにあるのってすごく生きにくいよなぁ・・・と改めて思った。

いや、誰もがみんな生き難さと戦ってるんだろうけどさ。

「自分は自分の在り方を突き通すだけだから、勝手に言ってれば〜」と思えるほど強くはないし、たった5人の職場で間違った認識が広がったらさらに働きにくくなる気がする・・・。

今は仕事を覚えることで精一杯だけど、機会を見つけて話してみるのもいいかもしれない。



それから。
余談というか懺悔(笑)。

arukoやりたいなぁ・・・と切実に思う日々が続いてます。

職場が小児のクリニックなので土日・祝日が一番忙しく、今の勤務体制がarukoをやるには最も適してない・・・。

結局、主催者の自己満になってしまっている現状が情けなく、申し訳ないと思ってます。

もう少し仕事に余裕が出てきたら、飲み会などを開きたいと考えているので、機会があったら参加してやってください。




JUGEMテーマ:日記・一般

2012/04/12 21:02  はにかむ笑顔がかわいい

働いているクリニックに来てる子で、すごくボーイッシュな子がいる。

服や髪型だけじゃなく、卒園式で男の子の袴を着たり、小学校の入学式ではスーツにネクタイだったり、一人称が「オレ」だったり。

親御さんは「もっと女の子らしくくなってほしい」って言ってる
けど、オレはこっそり応援してる。笑


周囲の決めつけじゃなくて、見守りが大切だと思うけど、自分の好きなものを主張して実行しているこの子がすごいと思う。

クリニックの先生たちは、女の子らしさを育むような指導を…って言ってるけど、個人的には自分らしさを貫いていってほしい。


ちなみに、本人曰く小学校一年生にして幼なじみの彼女がいるとか。笑

最近の子って早熟なんだね;

2012/04/04 21:54  割りきる

ジェンダー・ステレオタイプの子どもへの影響って、周りの環境が大きいんだなぁと痛感する日々です。

職場は、ハンディキャップを持つ子どもの医療・教育に携わるクリニックなんですが、ジェンダー・ステレオタイプがかなり根強い。

女の子は赤・ピンク、男の子は青・緑というようなジェンダー・カラーは当たり前。

子どもが遊ぶオモチャも明確に男女で区別されていて、
ままごとセットやメイクセットで遊びたがる男の子がいたら、注意したり男の子用の玩具を押し付けたりする。

好きなオモチャで遊べばいいじゃん、と思うんだけど、ボスのジェンダー観はそうではないらしい。

一番驚いたのは、クリニック主催の勉強会に招待する来賓への案内状を用意してたとき。

封筒に切手を貼っていたら、ボスが「男の先生にはちゃんと青色の貼るのよ」と言った。

正直、そこまでする必要あるか?!と思った。

せめて子どもたちには、そういうジェンダー・ステレオタイプを押し付けないで、自分で選んで決められるような空間があってほしいな…。


子どもの頃から“女らしさ・男らしさ”を当たり前のように押し当てられるのって、自分の経験からしたらもこすごくストレスフル。

ボスがよく、ハンデを持つものにとって大切なのは適応力だと言ってるけど、
“女・男”としての適応力じゃなくて、一人の人間としての適応力を育てる方が必要じゃないかなと個人的に思う。


とにかく割りきって働くしかないな…。

2012/02/26 22:30  どっちかなの?

ちょっと前だけど、オネェキャラ特集みたいな番組がやってた。

いわゆるオネェキャラで活躍している芸能人の言動について、いちいち男っぽいだの女だの言ってるのを見て、うんざりした。

男か女どちらかに偏ってないと認められない・・・みたいな風潮が好きでない。

誰しも両方の側面を持ってるものなんじゃないの?

自分の言動が男っぽいとか女っぽいとか、いちいち判断されるなんて面倒くさい。

そんなものに押し込められるのは窮屈でイヤだ。

セクマイの人がメディアで活躍するのは素晴らしいと思うけど、
男なら誰でも好きなんでしょ?抱きついてキスしろよ、みたいな番組の扱いが好きでない。

他方、ビアンやFTMがあまり出てこないのが寂しい。


|  1/9PAGES >> |