PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書)
性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
吉永 みち子
X-ジェンダーについても語られている。
ジェンダー (図解雑学)
ジェンダー (図解雑学) (JUGEMレビュー »)
加藤 秀一,海老原 暁子,石田 仁
カウンター
ブログパーツUL5
LINKS
SEARCH
OTHERS

2012/12/17   スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011/05/14 23:18  スズキせんせい

「鈴木先生」というドラマが面白い。

ドラマをちゃんと見るなんて数年ぶりだけど。爆

中学校教師の鈴木先生の、生徒に対するユニークな対応が面白くて。

独自のルールとか、必殺技なんていうのもあって。

くっだらないことを本気で悩んで考える姿が妙に格好良かったり。

何か問題が起きた時、頭の中であれこれつぶやいていることが画面上に文字として表示されるのも面白い。

こんな先生がいたら、きっと退屈しない。笑











2009/03/04 03:55  12年の時を経て



 
少女革命ウテナのDVD-BOX(前編)が出てると…。

…なにぃ!?!?ビックリです。
10年以上前にやってたのかと思うと、何か不思議。

欲しいけど価格がなー。
高いよなー。
なー。


哲学の本にコレが載ってるのを見たときは、「・・・?!」ってなったけどね。笑
てか、哲学の本に載ってるっていう事がスゴイですけどね。

しかも大学の授業の教材。
先生の話そっちのけで読みましたけど。爆

アホっぽいのが全開になる時とか、くだらなさまっしぐらで最高。
シリアスとアホーな回がバランスよく(?)あるのがまた面白い。


この作品は、女性の多くが感じるであろう男性優位の社会に対する疑念を、ウテナの成長を通して表現しているところが良い。
「女の子らしくって何?」というウテナの疑問は、ジェンダーの問題意識(特に女性性)を象徴している。

女性が当たり前のように押し付けられ、周りの女の子は抵抗もなく受容しようとする「女らしさ」について、彼女は容易に受容せず(できず)、「男・女」ではなく「自分らしさ」について探究していこうとする。

そんなウテナの葛藤や思いは、「男だとか女だとか、そうじゃなくて、自分は自分で、一人の人間としてこういうふうに生きていきたい」…というメッセージとも読み取れる。

「男・女じゃなくて、俺自身を見てほしいのに…」
そんなことを強く思っていた俺にとって、この作品はグッとくるものがあった。



それから、この作品を好きな理由は、女性性だけに偏らない視点をくれるところ。

フェミニズムやジェンダーの視点から論じてる書籍はよく見るけど、
実は女性性の問題だけじゃなくて、男性性の問題提起も表現している。

「男はこうあるべき」というような、既存の男性性にこだわることに対する男性への問いかけ・疑問も垣間見られる部分がある。
それは、「男らしさ」を押し付けられることを不快に思う男性もいるという意味でもある。

女性が女らしさから解放されるには、男性が男らしさから解放されることが不可欠だ…
という言葉があるように(誰のだっけ?)、
どちらか一方の視点に偏って物事を見ると、やっぱり視界も狭まってしまう。

もちろん、性別にこだわらない・とらわれない生き方ができたらどんなにいいだろう…と思うけど、なかなか自分も世の中も性別というカテゴリー無しに暮らしていくことは、時に難しい。

だから、「女」とか「男」に偏らないで、両方の在り方に目を向けて物事を見つめたり考える姿勢も育んでいきたいと、ウテナを見るとそう思うんです。


ちなみに、DVD-BOXの後編は、2009年3月11日。
あと1週間。笑







JUGEMテーマ:日記・一般

2009/01/23 15:30  うめ

最近はまってる、種ぬきほし梅。笑




甘いものが苦手なせいなのか、スッパイのが好きなだけなのか。
コンビニに寄ると3つくらいまとめて買う。爆

ストレスのおかげでスッパイものが欲しいのかも。笑
表面的な付き合いとか、社交辞令とか、思ってもないことを平気で言ったりとか、
それが当たり前のようにされている空間が苦い。

僕はできない。未熟者だから顔に出てしまう。爆

まぁ、ジャガビーとコレがあれば、やっていけそうな気がする(偏りすぎ



JUGEMテーマ:日記・一般

2009/01/21 14:51  何にもないところから何にもないところへと

「生きてることが辛いなら」という曲。
ラジオで流れてるのを聞いて、歌詞の生々しさに聞き入った。

「生きてることが辛いなら、嫌になるまで生きるがいい」というところ。
シブトイ感じがイイ。
逆説的な「生きろ」というメッセージ。

歌詞が過激だという批判もあるそうだけど、こういう人間くさい歌詞は個人的に好きだ。



2008/09/26 22:05  とったどー!

取ってないけどね。笑



ミニトマトをたくさん頂きましたw
小学校の畑でとれたそうな。

甘くて美味かったです(´-`)


それから、もう一つは個人的に嬉しい驚き。



ジャガビーが四角い(箱)!!

あの丸いカップじゃなくて、箱入りジャガビー!

見つけた瞬間、周りを見回したからね。笑

知らんかったですが、箱入りになったんですか?

それとも単なるイメチェンですか?(違

もちろん買いましたけども。
好きだから。
3箱w(どんだけ

(っ´∀`)っ



JUGEMテーマ:日記・一般


2008/06/19 00:14  今年も!

第17回「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」開催決定!

今年も開催されるってことで、嬉しいかぎり。
今年はパレードがない(延期)とのことだったので、ガッカリしてたんですが。

僕は4回目くらいなんだけど、毎回いろんな作品を観られて本当にイイ刺激になるっていうか、世界が広がる感じでいいです。

もうチケット発売開始らしいから、観たいのは急いで買わないと・・・。




JUGEMテーマ:日記・一般


2008/06/06 02:19  個人差をみる

最近、大学の図書館に入ったニューフェイス。

「心の性」で生きる
「心の性」で生きる
八岩 まどか


色んな人の事例をレポート(ドキュメント?)形式で書いてあります。
専門書だと堅苦しいけど、コレは個人個人の話なので、結構読みやすかった。


僕なんかは最初、専門書を読んだとき、同意する部分と同意しかねる部分があって、
その同意しかねる部分ってのは、Xジェンダーが持つような特徴や傾向がそうさせたんだと思う。

専門書はやっぱり、DSMとかICDにのっかるような中核群や典型例を示す記述が多いけど、
周辺群やその他の性別違和感持ちには、逆に混乱や不安が起こることもあるような気がして。

だから、そういう意味でも、「個人差」を理解するにはいい本なんじゃないかな、と。
個人差ってあまり書かれないけど、大事だと僕は思います。







JUGEMテーマ:日記・一般


|  1/2PAGES >> |